シリーズ 序章:Wiggle社について ロードバイク乗りにとっての。。。

wiggle 01自転車
スポンサーリンク

こんにちは、rodanサイクルです。

既にお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、とうとう当サイトも

広告をのせるようなブログになりました。rodanサイクルにて利用している

ものやお気に入りのものついては、個別にオススメしていきたいと考えてます。

そこで、今回取り上げるのは、特定の商品ではなく、販売サイトになります。

それは、世界最大級のサイクリング用品販売サイトである

Wiggle

についてとなります。実は、Wiggle社のサービスを利用するのは、かなり長く

2009年前後から使用していたと思います。つまるところ黎明期の時から利用

していたということです。ちなみに、当サイトでは、右上に広告を常設してあります。

気になる方は是非ご覧ください。

Get Your Wiggle On | Cycle, Run & Outdoor Shop | Wiggle
Prepare to get your Wiggle on. We have the awesome gear you need to cycle, run, hike & swim from the world's leading sports brands. No excuses, LET'S GO!
スポンサーリンク

Wiggleとは

Wiggleとは、世界最大のオンラインスポーツ用品販売サイト、これが現在の正しい

説明になるかと思います。元々は、ロードバイク用品の激安販売サイトとして

立ちあがったといっても間違いではないでしょう。少々荒っぽい言葉を使いましたが

的を得ていると思います。

言い方を買えますと、『ロードバイク乗りにとってのアマゾン』とも表現できるか

と思います。アマゾン社が本からスタートしたように、Wiggle社は、

ロードバイク用品からスタートしたといった感じです。

Get Your Wiggle On | Cycle, Run & Outdoor Shop | Wiggle
Prepare to get your Wiggle on. We have the awesome gear you need to cycle, run, hike & swim from the world's leading sports brands. No excuses, LET'S GO!

何が凄いの?

恐らく多くの方が、『価格が安い』ということに目が行くと思います。

これは、もちろん同意できることです。しかし、rodanサイクルが目を付ける

最も凄いと思っている点は、そこではありません。

『改善』

これにつきます。しかも、もう少し掘り下げると、改善の質が良い、改善の

スピードが速いとなります。

私が利用した当初は、上の章でも表現した通り、激安サイトでした。文字通り

安いだけって感じです。当時は、それだけで十分って感じだったので、ある意味

このままでよいなと思ってました。しかし、Wiggle社は違いました。オリジナル

商品であるDhbシリーズなどは、今やちょっとしたブランドといってもよいレベル

にあります。私が利用した当初は、ユニクロが最初に出したフリースみたいに

直ぐに伸びちゃうといったような製品でした。今は全くそのようなことは無いです。

また、利用してから数年後には、日本語サイトが立ちあがってました。利用した

当初は英語サイトのみでした。これにはかなり驚きました。日本語サイトが出来て

からは、一気に日本で市民権を得たように感じます。タイムラグはあったでしょうが、

Dhbシリーズの商品を目にする機会が飛躍的に増えたことが物語っております。

Get Your Wiggle On | Cycle, Run & Outdoor Shop | Wiggle
Prepare to get your Wiggle on. We have the awesome gear you need to cycle, run, hike & swim from the world's leading sports brands. No excuses, LET'S GO!

気になる郵送と返品対応

これにも、大きく驚かされた点です。

まずは、郵送ですが、英国からの発送です。しかも、発送先は遠い果ての日本国です。

にも関わらず、利用当初からほぼ10日前後には到着しておりました。買う量にも

よりますが、まとめ買いすると発送料はなんと0円!!!これだけでも驚きなのですが、

年々納品スピードが上がっている感覚があります。有料配送サービスまで始まり

ましたが、その場合は、なんと数日で届きます。下手をすると、日本の某有名サイトを

利用するよりも早く納品されるレベルです。

次に、返品対応です。これも英語しか利用できない時に返品対応の経験をしたことが

ありますが、全く問題なく対応していただけました。今の時代当たり前になってます

が、国外から購入するということがそこまでメジャーではなかったころだったと思う

ので、これは、結構な衝撃でした。論じるまでもありませんが、日本語対応が可能

なった今では、心配することはほぼないと言ってよいレベルです。(申し訳ない

ですが、日本語対応になってからは返品対応したことがないです。が、母国語で

出来るのであれば、ハードルはかなり低いということでこのように書いてます)

Get Your Wiggle On | Cycle, Run & Outdoor Shop | Wiggle
Prepare to get your Wiggle on. We have the awesome gear you need to cycle, run, hike & swim from the world's leading sports brands. No excuses, LET'S GO!

そして、持久系アスリート全般へ

Wiggle社の意欲は高ぶっており、英国内のウェブサイトから、世界のウェブサイト

に昇華していきました。詳しい年月日までは把握しておりませんが、ロードバイク

に関する用品としては、2010年代前半にはなっていたと言えるでしょう。

しかし、それで終わりません。現在では、トライアスロン、ラン、スイム、その他の

エクストリーム系の持久競技に関する商品を取り扱い始めております。

ラン以外は、いづれの競技もどこで買ったらよいか、どの程度ものを買ったらよいか

分からないために関心が行動に結び付かなかったケースは世界的にみて十分あったと

思われます。ここの距離感をグッと縮めたのはWiggle社の功績といってよいのでは

ないでしょうか。

Get Your Wiggle On | Cycle, Run & Outdoor Shop | Wiggle
Prepare to get your Wiggle on. We have the awesome gear you need to cycle, run, hike & swim from the world's leading sports brands. No excuses, LET'S GO!

さいごに

今回は、Wiggle社全般についての説明ブログとなりました。Wiggle社には不満もある

かもしれませんが、まさにAmazonのアスリート特化サイトと言えるくらい、

安心感、サービス、価格と総合的に利用価値の高い販売サイトです。無論ベターな

選択が他にある場合もあります。しかし、時間に関係なくさっと注文して、到着する、

価格も安く、商品品質も良いとなると利用しない手はないとなります。あらゆる

商品をネットショッピングでする必要は全くないと思いますが、常用品などは、

特に試しに買ってみてはいかがでしょうか?特売品なども季節や時期に応じて出てくる

ので、よくチェックしてみてはいかがでしょうか?

https://www.wiggle.jp

ではでは~~

コメント